ニキビ跡の悩みはピーチローズで解消できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

座ると痛かったお尻のニキビも治った♪
と思ってふと鏡に映った自分の肌を見ると、ニキビ跡になっている! しかも黒ずみまで!!
そんな肌を温泉やプールで見られると恥ずかしいですよね。

やっかいなニキビ跡にもピーチローズは効果があるのでしょうか?

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡には主に赤みのあるニキビ跡・シミのような色素沈着状態のニキビ跡・クレーター状のニキビ跡の3つにわかれます。
それぞれの原因をみていきたいと思います。

①赤みのあるニキビ跡
赤みの原因はニキビができた炎症部分を治そうと毛細血管が患部に集まってくるので、肌の表面から透けて赤く見えます。
この赤みのあるニキビ跡、実は自然治癒できるんです
ただ、この集まった毛細血管が更にダメージを受けて鬱血した状態になると肌のターンオーバーが乱れてしまうので治るまで時間がかかってしまいます。

②シミのような色素沈着状態のニキビ跡
このタイプのニキビ跡の原因は、シミの元になるメラニンの大量発生です。
メラニンは肌が炎症を起こすと、患部を治す為に生成されます。
肌の炎症を抑える時に肌を守る大事な役割もあるメラニンは健康な肌であればターンオーバーで古い角質とともにはがれ落ちますが、ダメージを受けて新陳代謝が低下し角質が厚くなった皮膚はメラニンをいつまでもとどめてしまい、結果シミとなってあれわれてしまうのです。

③クレーター状のニキビ跡
赤みは治まったのに肌がデコボコになってしまった・・・。
肌には「表皮部分」とその下にある「真皮層」がありますが、肌のターンオーバーで肌が再生するのは肌の表面の「表皮部分」のみ。
ターンオーバーでは再生できない「真皮層」までダメージを受けてしまうと肌の弾力の元になるコラーゲンも壊されてしまいます。この状態になってしまうと肌の奥まで傷ついてしまっているのでホームケアだけで治癒するのは困難になります。

ニキビ跡はピーチローズで早めのケアを!

ニキビができないように予防する事が一番ですが、もしできてしまったら、自然治癒できる赤みのある状態から早めにケアをすることが大事です。

ピーチローズには抗炎症作用のあるトウキエキス・シャクヤクエキス、メラニン抑制効果のあるクララエキス・桑エキス・ワレモコウエキスなど8種類の天然美容成分が配合されているので、様々な角度から肌にアプローチしてくれます。
厚生労働省の認可をうけた医薬部外品として多くの効能・効果の承認をうけているので、安心してお使いいただけます。

ニキビ跡のケアはピーチローズでゆっくり時間をかけて

赤みやシミ状のニキビ跡は改善されるものですが、どうしても時間がかかってしまいます。
肌のターンオーバーは約1ヶ月と言われているので、数ヶ月はじっくりケアする必要があります。

長期戦になるので、少しでも費用は抑えたいですよね。
ピーチローズは購入価格が43%OFFになり、返金保障もついた『集中ケアコース』が用意されています。
1個のみの通常購入は返金保障などの特典が付かないので、ぜひ集中コースでチャレンジしてみてくださいね♪

ピーチローズの公式サイトはこちら
↓ ↓


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*